衝撃波

検証

チャネルラインの検証

検証の手順 予想のためではなく、後付けの理屈の構築のための検証です。検証というよりは、チャネルラインを引く練習です。以下のような手順でやっています。 ざっくりとトレンドを判別して、幅広な2箇所(波の規模を考慮して、上側と下側の両...
フィボナッチ

推進波の倍率

黄金比率の復習 フィボナッチの比率ですが、登場する数値は主に5つだけです。小さいものから順に、「0.382」、「0.618」、「1」、「1.618」、「2.618」です。これらについては丸暗記するしかありません。 そして登場...
ガイドライン

波の個性(エリオット波)

波の個性(Wave Personality)の概要 波の個性という考え方は、波動原理を大きく拡大解釈したものである。 人間の行動を、いっそう個性的に波動原理の方程式に当てはめるというメリットがある。 具体的に表現する群集心...
ガイドライン

チャネリング(Channeling)

概要 チャネルラインとは? チャンネル チャンネルまたはチャネル(channel)。元来の意味は、水路、海峡など。 引用元:チャンネル|ウィキペディア 元々は「水路」という意味だったらしいですが、確かにそのように見えます。...
推進波

トランケーション(切頭)

トランケーションの概要 呼称 「フェイラー(Failure)=失敗」(エリオットが命名) 「トランケーション(Truncation)=切頭」 「切頭された第5波(Truncated Fifth)」 「第5波」限定のチャート...
推進波

エクステンション(波の延長)

エクステンションの概要 ほとんどの「衝撃波」は、エクステンション(延長)を含む。 これはもう、そもそも衝撃波というものは、5波構成というよりも9波(5+4)構成であるくらいに考えておいたほうが良いと思います。理論上は5波だけれども、実際...
推進波

「推進波」と「衝撃波」

おさらい 上図は前回の「5つの波のパターン、「波のモード」」で載せたものです。「5つの波」、「推進波」、「衝撃波」、これら3つの成立条件の違いが紛らわしいため、おさらい用に載せました。そこを踏まえた上での以下、推進波、衝撃波です。...
自己流解釈

第1波の探し方

考え方 ふと閃いたというか、そういうことだったのではないかと思ったのでまとめておきます。 少し前からずっと気になっていた、エリオットの波動原理でいうところの第1波の探し方です。実は何か具体的な方法でもあるのかなと書籍(「エリ...
タイトルとURLをコピーしました